2011年12月05日

NEX-C3でスイングパノラマ

NEX-C3
ついにNEXオーナーになっちゃいました。買ったのはC3です。5NにするかC3を買うかちょっと迷ったのですが、C3です。使う気が失せたマイクロフォーサーズの代わりにNEXを買うことにしましたが、NEX買ったからには当然スイングパノラマでも楽しむことにします。

魚コンバーター
16mm薄型レンズと標準ズームのダブルレンズキットで購入しました。ついでに、フィッシュアイコンバーターVCL-ECF1もゲットです。16mmに装着すると、14.88mm相当の対角魚眼になります。倍率0.75倍の焦点距離18mm相当のウルトラワイドコンバーターVCL-ECU1とちょいと悩みました。フィッシュアイにこだわる必要ないし、360°パノラマを撮る気はないし…。結局、VCL-ECF1には中古があったというのが、購入の決め手。C3に慣れて、余裕ができたらVCL-ECU1の購入を改めて検討しようと思います。

さて、NEX-C3での初振りです。16mmとVCL-ECF1との画角の違いをチェックしながら、撮ってみました。下に掲載したのが、両者の画角の違いです。24mmと14.88mmですからある程度の予想はできましたけど、かなり違います。
哲学堂

哲学堂_魚
ただ、この時標準ズームを持って行くの忘れちゃいました。標準ズームもチェックしとかなくちゃ、です。ところで、NEX-C3のスイングパノラマですけど、撮り始めにちょっとクセがあります。撮影中に連写のスピードが変わるという、これまで使ってきた機種ではなかった特徴がありました。戸惑うというほどではないので、すぐに慣れるでしょう。
posted by miura_rt at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | αとNEX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51429056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック